本文へ移動

共同募金

共同募金とは

共同募金とは
 
 赤い羽根共同募金は、「共同募金会」という民間の団体によって、都道府県を単位にして行われています。寄せていただいた募金は、地域福祉の推進のために役立てられます。また、赤い羽根共同募金運動の期間は10月1日から12月31日までの3か月間で、北海道から沖縄まで全国一斉に行われます。
 佐野市では社会福祉法人栃木県共同募金会佐野市支会(佐野市総合福祉センター内)が事務局となり、赤い羽根共同募金を実施しています。
 

歳末たすけあい募金

歳末たすけあい募金をご寄付いただきました

令和3年12月1日(水)
惣宗寺葵会様より歳末たすけあい募金を ご寄付いただきました。ありがとうございました。
また、葵会様は令和3年8月23日(月)に開催された「第27回栃木県民福祉のつどい」にて【中央共募感謝状表彰】を受賞されました。ご報告とともにお慶び申し上げます。
歳末たすけあい募金
中央共募感謝状表彰

歳末たすけあい募金をご寄付いただきました

歳末たすけあい募金
令和3年12月15日(水)
佐野市仏教会様より歳末たすけあい募金を ご寄付いただきました。ありがとうございました。

歳末たすけあい募金のつかいみち

令和3年度コロナに負けるな!応援事業の実施

新型コロナウイルス感染拡大により、行動制限など自宅で過ごす時間が増え、人と人との接触の機会が減少する中、ひとり暮らし高齢者等がより孤立状態に陥ることが心配されております。このような状況下でも、歳末の一時を少しでも温かく過ごしていただけるよう、歳末たすけあい配分金事業の一環として、「コロナに負けるな!応援事業」と題し、本会で月3回友愛訪問するというひとり暮らし高齢者等見守り事業の利用者を対象に、市内小学生の書いた応援メッセージカードを添えた食料品などの配布を実施いたしました。
12月1日から市内18地区の民生委員・児童委員さんや福祉協力員さんに、順次配布をお願いいたしました。利用者の方から、「本当にありがたいです」「温かい気持ちをありがとうございます」など、たくさんの感謝の声をいただきました。佐野日本大学短期大学の学生ボランティアや、市内小学生、地域の民生委員・児童委員の皆様のご協力を得て、実施することができました。
佐野市社会福祉協議会では、今後も地域福祉の推進に取り組んでまいります。引き続き、ご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 
 

共同募金のつかいみち

 
 赤い羽根共同募金運動で皆様からいただいた募金は、一度全て栃木県共同募金会に送金され、次年度に配分されます。
  配分先は、栃木県内の福祉施設、福祉団体などに配分されるA配分と、佐野市内の事業に配分されるB配分があります。佐野市社会福祉協議会では、市内小中学生の福祉作文事業、福祉活動に対する地域福祉活動助成事業、共同募金広報・啓発事業を行っています。
 また、被災地でのボランティア活動を支援するため、募金額の一部を「災害等準備金」として積み立てています。
 
 

税制優遇について

 共同募金に寄付をすると税法上の優遇措置を受けることができます。
 
税法上の優遇措置についての詳細は、
 
個人の方は栃木県共同募金会のホームページを
法人の方は中央共同募金会のホームページをご覧ください。

共同募金佐野市支会

共同募金運動へのご協力
       ありがとうございました。
 
 赤い羽根共同募金へ  9,742,521円
                        (令和2年度実績

インターネットでの寄付

栃木県共同募金会佐野市支会にはインターネットからもクレジットカード決済で寄付をすることができます。
 
中央共同募金会ホームページにて
「佐野市」を選んでください。

お問い合わせ先

「お問い合わせ」
(福)栃木県共同募金会佐野市支会
 〒327-0003 佐野市大橋町3212-27
(福)佐野市社会福祉協議会総務福祉課内
 TEL 0283-22-8136 FAX 0283-22-8199
ページ内検索
 
TOPへ戻る
読み上げる