本文へ移動
ページ内検索
 

ファミリー・サポート・センターさの

会員を募集しております

 

子どもを通して心のふれあいを楽しんでみませんか。

ファミリー・サポート・センターは、地域のみなさんで支えあうための会員相互援助活動を主体とする組織です。

 「子育ての援助をしたい」

「子育ての援助をしてほしい」

という人は、会員の登録をして地域の輪を広げてください。

みんなで 楽しい 仲間づくりをしませんか

会員の種類

●おねがい会員
 佐野市内に住んでいるか勤務している人で6ヶ月から12歳までの子どものいる子育ての援助をしてほしい人
 
●まかせて会員
 佐野市内に住んでいて子育ての援助のできる人
 
●どっちも会員
 おねがい・まかせて会員の両方をを兼ねる人
 

会員の登録

下記の物を持参し、ファミリー・サポート・センターさのへ申し込んでください。
 
●会員となる人の写真2枚(縦4cm×横3cm)免許証持参の場合は不要です。
 
●おねがい会員
 佐野市内に住んでいるか勤務していることを証明できるもの。
 
●まかせて会員 ●どっちも会員
 佐野市内に住んでいることを証明できるもの。
 

援助のしくみ

援助のしくみ

ファミサポ Q&A

(2020-05-15 ・ 201KB)

報酬等の支払い

・月曜日から金曜日までの午前7時から午後7時まで1時間あたり700円
 
・土曜日、日曜日、祝日及び年末年始、上記以外の時間 1時間あたり800円
 ※その他、交通費や食事、おやつ代などのかかった費用は、お願い会員の実費負担となります。
  兄弟・姉妹で預ける場合は、2人目からは半額です。

安全と安心のために

援助活動中の万一の事故に備え、会員全員がファミリー・サポート・センター補償保険に一括加入します。(保険料はセンターが負担します。)

援助の内容

①保育所、幼稚園、小学校及び学童保育(以下「保育施設等」という)の開始時まで子どもを預かります。
②保育施設等の終了後、子どもを預かります。
③保育施設等又は援助活動を行う場所まで子どもの送迎を行います。
④会員の病気、急用、リフレッシュ、求職活動等の際に子どもを預かります。
「例えば」
 ・残業で子どもの迎えに行けない。
 ・自分(又は子ども)が病気で病院に行きたい。下の子を誰かに頼めたら・・・・
※子どもは原則、まかせて会員の自宅で預かります。宿泊は行いません。

問合せ先

佐野市社会福祉協議会 ファミリー・サポート・センターさの
・本所(総合福祉センター内)
 開設時間 月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時
 電話 22-0115
 
・田沼支所(田沼中央公民館内)
 開設時間 月曜日・木曜日 午前8時30分~午後5時
 電話 61-1139
 
・葛生支所(葛生あくと保健センター内)
 開設時間 火曜日・金曜日 午前8時30分~午後5時
 電話 86-2940
 
・佐野市こども福祉部 こども課
 電話 20-3023
 
 ※土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12/29~1/3)はお休みです。

ダウンロード

新型コロナ感染症拡大防止のため、
第5回「健康力アップセミナー」11月17日
は中止となります。また、今後の中止や変更等につきましては、その都度お知らせします。


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、講習会や交流会が中止や延期となる可能性があります。
変更につきましては、その都度お知らせします。

令和3年度  ~楽しいふれあい~

会員交流会 令和3年7月28日

     「楽しいリズム遊び」
  
          講師 山田リズム体操クラブ 
                  代表 山田喜美江さん


ゆったりと安らかな調べの中で、子育て中の
お母さんや赤ちゃん、会員さんなど心と体の
ストレッチを楽しむことができました。

山田先生の「子どもの未来を…」のお話の通
り、すてきな癒しの空間が明日へのエネルギー
つながりました。

第1回 講習会 令和3年6月16日

 すくすく育つ食育セミナー~食べることは生きること~
 講師 ㈱エフアンドエフ 管理栄養士 小林真由さん

避けたい「にわとり症候群」をご存じですか❓

食べる力は生きる力です。普段の食事を見直してみました。

令和2年度  ~楽しいふれあい〜

第2回 講習会 令和2年11月11
  子どもの遊び「折紙でお正月飾りを作ろう」
  講師 小野塚幸枝さん
お正月にちなんで獅子舞を題材とした作品づくりをしました。金箔をはった折紙で迫力ある獅子ができました。 
  
第1回 講習会 令和2年8月19
   「普通救命講習Ⅲ」 
  講師 佐野消防署(東消防署)
会員を中心に12名が参加して、小児・乳児の人形を使い、成人との違いを意識しながら応急手当、AEDを含めた心肺蘇生法、気道異物除去法などを学びました。 
   
TOPへ戻る
読み上げる